ポーカー:運のゲーム?スキルのゲーム?
15427
post-template-default,single,single-post,postid-15427,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,paspartu_enabled,qode-theme-ver-14.3,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.7,vc_responsive

ポーカー:運のゲーム?スキルのゲーム?

ポーカー

ポーカー:運のゲーム?スキルのゲーム?

プロのポーカープレイヤーなら、口を揃えてスキルがすべてのゲームだと言うでしょう。映画「シンシナティ・キッド」に登場するザ・マンことランシー・ハワードはストレートフラッシュを完成させ、「正しいタイミングの間違った一手さ」という名言を残しました。

2003ワールドシリーズ・ポーカー メインイベント」を制したクリス・マネーメーカーは、「ポーカーが面白いのは、誰もがプレイできると思い込んでいることなんですよね」と言い放った。

彼のポーカーに対する真剣さは認めざるを得ないところでしょう。2013年におけるポーカーの総称金額は、28億ポンドにも上りました。この事実が、何百万人という新規プレイヤーを呼び込みました。

運のゲーム

ポーカーにおいて、運は間違いなく重要な要素です。それは事実ですが、スキルもまた重要かつ不可欠な要素であることは否定できません。そうでなければ、一部のプロが勝ち続けていることの説明がつかないからです。

運とスキルが重要なのは分かったとして、どちらがより重要なのでしょうか。運がスキルの上位に来るなら、ポーカーは運のゲームということになります。その逆であれば、ポーカーはスキルのゲームだと考えることができます。

これについて研究を行ったのがデニー・ファン・フォルダーとロヒール・ポッター・ファン・ルーン、マーティン・ファンデン・アッセムの3人で、彼らの研究は「PLOS One」に掲載されました。

彼らが1年間に渡ってオンラインゲームにおける456回のゲームプレイを研究した結果、ポーカーがスキルのゲームであることを明確に示す重要な証拠が明らかになりました。

研究の結論の一部を引用すると、最初の半年で最も良い結果を残した上位10%のプレイヤーたちは、残りの半年で他のプレイヤーの2倍良い結果を残していたことが明らかになっています。

また、最初の半年で圧倒的な成績を残した上位1%のプレイヤーたちは、残りの半年で他のプレイヤーよりも12倍良い成績を残しています。

この研究の要点は、成績が完全に予測可能だということです。運のゲームであれば、長期的に見た場合の結果とスキルの相関性は存在しません。

しかし、スキルのゲームであれば、その相関性は明白です。そのため、ポーカーはスキルのゲームだと結論づけられるのです。

転換点

さらに、高いスキルを持つプレイヤーとそうでないプレイヤーに対して、シミュレーションが行われました。

プロのプレイヤーはアマチュアのプレイヤーに対して、1471回プレイした場合ほぼ75%の確率で圧倒的に良い成績を残し始めます。これが転換点です。

要約すると、大半のプレイヤーは19~25時間もしくはそれより少ない時間で1,500回のプレイに達するということになります。高いスキルを持ったプレイヤーはこの発見を喜ぶかもしれませんが、この研究の正式

ポーカー初心者の方は、下記のサイトを参考にルールをマスターすることをオススメします。

Verajohn-nippon

No Comments

Post A Comment